2009年02月01日

E就活の履歴書における「長所・短所」

 れは、履歴書によっては表記する必要がないかもしれませんね。


 ただ、ここからは、合否において直接関わってくる可能性のある(あくまで履歴書の中では、)重要な部分です。


 履歴書の長所・短所を書く際に重要なのは、面接の時の印象と合致すること・そして面接では伝えきれない自分を書くことじゃないかと思います。


 何度も言うように、履歴書はそこまで重要視しません。

 ただ、それでも一通り目を通します。

 そして面接の際も、履歴書を脇に置きながら(僕の場合は)面接をします。


 例えば履歴書に「私は、コミュニケーション能力が高いところが長所です。友人にもよく社交的だと言われます。」
 と書いてあるのに、実際に面接してみると、口数が少なく、話し方もオドオドしているし、自分から話しかけてこようという気がないという学生は、非常に多いです。

 もちろん、緊張しているのかな、とは思いますが、履歴書で大きくそれを主張したのなら、面接でもその部分を強調してほしいと思います。


 学生さんの中には、「履歴書に書いたことは、100%真実として、採用担当者に伝わっているはずだ」と思っている方が居ます。


 全然そんなことはありません。


 全く信じていないとは言いませんが、正直悪いことを書いてくる学生は居ないわけですから、「僕は粘り強いです。」と書いてあったとしても、「うん、この子は間違いなく粘り強い性格なんだろうな」とまでは思いません。
 <
strong>「ホントかな」と思います。


 以前に履歴書に「僕は曖昧なところが嫌いなサッパリした性格で〜〜」
 と書いてきた男子学生がいました。

 その学生と面接をしていて「最近の(弊社の業界に関する)ニュースで、印象に残ったニュースは何ですか。」と質問しました。
 すると彼は、「〜〜業界(弊社の業界)に興味はありますが、まだよく知らないので、分かりません。」と、即答しました。

 大体こういう質問をすると、たっぷり十秒近く考えた後、当時、新聞にデカデカと報じられた大手企業の合併の話しを捻り出したり、ちょっと業界研究をしている学生は、法改正のニュースを出してきたりするのですが、ここまではっきりと「知らない」と言われたのは初めてでした。

 「よく知らない」場合、たっぷり時間をとって考えた後、全然関係ない業界の話しをするか、日本の景気の話しをするか、その程度です。


 ここでポイントなのは、彼の回答が、いいか悪いかは別にして、「『彼』と『履歴書の彼』が合致している」という点です。
 彼の履歴書の性格を、彼は見事に面接で表現したのです。
 すると自然と、「この履歴書の内容は、ほとんど信じられそうだな」と思ってしまいます。
(ちなみに、この学生は印象も良かったので、上(次の役員面接)に通しました。)


 また、そうして『履歴書が真実』だと思ってもらえれば、面接では表現できなかった、その他のアピールポイントも、そのまま信じてもらえる可能性が出てきます。

 アガリ症で話し下手で引っ込み思案な人が、無理に履歴書に「私は非常に社交的で、どんな時でも緊張もしないですし、コミュニケーション能力には自信があります。」と書いても逆効果です。

 それなら、正直に「話し下手ですが…」と前置きして、長所をアピールした方が、間違いなく印象は良くなります。


 採用担当の立場から「ウソは困る。」と言っている訳ではありません。
 学生さんの立場からしても、「ばれた時、印象が悪くなる」と言っているのです。

(履歴書や面接でのウソについては、詳しく別項で述べます。)


 これから、履歴書を書こうと思っている人は、企業が「コミュニケーション能力のある人を求めます」と言っているから、そう書くのではなく、正直に自分の長所を述べた方がいい場合が多いのではないかと思います。

     NEXT→F就活の履歴書における「志望動機」


posted by 某企業新卒採用担当M at 14:01 | Comment(0) | 採用担当に注目させる履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。