2009年02月01日

F就活の履歴書における「志望動機」

 志望動機は、大体の履歴書に書く欄があります。

 そして、面接でも志望動機が聞かれます。


 私は就活をしていた頃「履歴書に書いてあるじゃん。」と内心突っ込みながら、答えていました。
 きっと、これを読んでいる学生さんたちの中にも、同じ気持ちを持っている人が……いる…かな?


 まぁ、とにかく毎回決まった質問をする、考えの薄い面接官はよく居ることなので、仕方ありません。


 何が言いたいかと言うと、
 志望動機は、そこまで気合を入れて書き込まなくてもいいんじゃないかな
 と思う、ということです。

 なにせ、面接でも聞かれるわけですし。


 長所・短所の項でも言えることですが、とにかくこの『志望動機』ともなると、
 やたら気合を入れて書いてくる学生さんが多いです。

 普通なら、2,3行がせいぜいだろ、というような欄に、びっしり細かい字で5行も6行も書いてくる学生さんがいます。

 これは、特に就職意識の高い、ある意味やる気のある学生さんに多いです。

 悪いことだとは言いませんが、はっきり言って、そこまで見ていません。

 一応読みはしますが、僕の印象から言えば
 スッキリと2,3行で、一番アピールしたいポイントを書いてくれる方がいいです。


 何度も言うように、面接での印象の方が何倍も重要です。
 履歴書は、あくまでも、一次面接での「第0印象」に過ぎません。

 二次以降になると、一次面接担当の報告書や、筆記試験・適性検査の結果は詳しく読むけれど、履歴書はほとんど目を通さないケースがよくあります。

 それだけ、学生の履歴書は「信頼性が薄いもの」と認識されてしまっているのです。

 それならば、アピールポイントだけスッキリと書いて、一通り目を通しただけで、一番言いたいことだけでも、採用担当者の頭に残るような、書き方の方が良いと思います。


     NEXT→G就活の履歴書なんて、いらない!


posted by 某企業新卒採用担当M at 14:07 | Comment(0) | 採用担当に注目させる履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。