2009年02月07日

C人事担当から見た「面接」(1) 〜面接官の趣味・嗜好?〜

 接は、就職試験の一番の肝です。

 就職試験に通るか落ちるかは、間違いなくこの面接にかかっています。


 ただ、この面接。

 やっかいなことに、「絶対に面接に受かる方法」なんていうものは、ありません。


 「グループディスカッション」「適性検査」なら、小手先のテクニックで何とか誤魔化せましたが

 やはり「面接」だけは、そうもいきません。

 
 何故、面接は誤魔化せないのか。


 それは、

 面接の担当官ごとに、判断基準が異なるから、

 に他なりません。


 極端な話し

応募者が、男性の面接官の好みのタイプの女性だったら、

 面接に通ってしまいます。


 これは、大手企業の面接でも、充分に起こり得ることです。

 それだけでなく、

 「たまたま面接官と、母校が同じ」

 「たまたま面接官と、マニアックな趣味が同じ」

 「たまたま面接官と、尊敬する人物が同じ」

 「たまたま面接官と、支持政党が同じ(?)」



 これらの理由で面接に通ってしまうことは、普通にあります。


 ある意味、そういった理由で、安易に面接を終わらせないために、

 何回も面接をするのだともいえます。


 だからと言って、あらかじめ面接の趣味・嗜好・好みのタイプを調べておくことは、

 不可能に近いです。

 さすがに、そんなことまでしろ、とは言いません。
 

 とりあえずこれらの特殊なパターンは、置いておくとして、

 ここでは、あくまでも一般論として、面接に通りやすくなるための、

 「人事担当から見た」面接で有利になる方法を書いていようと思います。


 面接によりますが、

 面接で通るには、一つの方法しかありません。


 それは、


 面接官に気に入られる


 ということです。
 (まあ、それがメチャメチャ難しいんですけどね)


 履歴書の項でも書きましたが、僕達人事担当は、最終的には

 「この人と働きたい」という人を上にあげます。


 そのために、応募者はどういう行動を取っていけばいいのか、ということです。


 以下、別ページで、

 ・自己アピール

 ・質問への答え

 ・質問


 の3つに分けて、書いていきます。

     NEXT→D人事担当から見た「面接」(2) 〜自己アピールと自慢〜


posted by 某企業新卒採用担当M at 01:45 | Comment(0) | 人事担当から見た、各種試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。