2009年02月21日

G人事担当から見た『面接』(5)〜印象で合否が決まる!〜

 面接において、もっとも重要なことはなんでしょうか。

 その面接官の質問への答え、質問内容、それらももちろん重要です。

 しかし、

 実は、面接において一番重要なのは、


 その態度・印象です。


 一概に態度、と言っても、それには、

 元気の良さや、一生懸命さ、

 頭の良さそうな雰囲気、


 なども含まれます。


 何度も言うように、面接官、人事担当は、

 自分が一緒に働きたい、と思う人を採用します。


 もちろん、採用にあたっては、

 採用基準や、採用コンセプトというものが必ずあります。

 そして、人事担当は、必ずそれを守る必要があります。


 しかし、それらを時には無視させてしまうものが、

 「この人と一緒に働いてみたい」という気持ちです。

 「採用コンセプトには充分合致した学生だけど、
 こいつとだけは、一緒に働きたくない」


 という時は、大体落とされますが、

 「採用コンセプトからすると、ちょっと弱いけど、
 こいつと働いてみたいな」


 という時は、受かる可能性も、充分にあります。


 とにかく、目の前の面接官にそう思ってもらうことが、

 ある意味、一番の面接通過の近道とも言えます。


 では、どうしたら「一緒に働きたい」と思ってもらえるでしょうか。


 全ての面接官には、個人個人で異なった趣味や嗜好があるので

 一概には言えませんが、

 もし確実に面接官の心を掴む、イメージがあるとしたら、

 それは


 「一生懸命さ」と「謙虚で殊勝な態度」

 だと思います。


 この二つを体現出来る

 「いいイメージを持つ」というよりは、

 「悪いイメージを持つわけがない」んじゃないかと思います。


 皆さんも、

 謙虚常に奢らず、それで居て何事にも一生懸命取り組んでくれるような友人は、

 一緒に居て気持ちがいいと思います。


 ですので、正直、面接を受ける学生自身が、

 本当にそういった気持ちを持っているかは別
です。

 別に、本当は本命の企業じゃないとか、

 普段はあんまりやる気のない人間だとか、は関係ないんです。

 ただ面接を受ける時だけは、少なくともそういう

 『謙虚で』『一生懸命な』人間だと、

 面接官に思わせるように、心がけましょう。


 具体的には、

 ・自分を上げる内容は、必要以上に言わない。

 ・受験している企業を上げる。

 ・「学生である」自分を下げるセリフを入れてみる。

  例:「私は、社会に出たこともないので、正直、分かりませんが〜〜」

 ・知識自慢をしない。

 ・特に業界のにわか知識の自慢は、非常に印象が悪い。
  (はっきり言って、面接官の方がほぼ間違いなく詳しいです。)

 ・雑学披露をしない。

 ・「頑張ります。」「一生懸命〜〜」「どんなことでも〜〜」「やり遂げます。」

  などのセリフを、堂々と力強く言い切る。

 ・例:×「必ず御社のお役に立ちますので〜〜」
    ↓
    ○「御社の力になれるよう一生懸命努力いたします。」


 これらは、直接質問の答えの内容と変わってくるわけではありませんが、
 
 印象・雰囲気という部分に関して言えば、非常に重要です。


 学生は、未経験で正直すぐに戦力にならないことを前提で採用しています。

 ですので、すぐに何か事業を成功に導いてくれるような奇策を推進してくれることは、期待していません。


 面接官に、

 自分が「一緒に働いていて気持ちのよい、頑張ってくれる人間」

 ということを印象付けて下さい。

   →コンテンツ一覧へ


posted by 某企業新卒採用担当M at 14:47 | Comment(0) | 人事担当から見た、各種試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。