2009年03月07日

遅刻という危機〜それを好印象に変えろ〜

 みなさんは、遅刻したことはありますか。

 友達や恋人との待ち合わせ、学校の始業時間、予定していた電車の発車時間…

 今、これを読んでいただいている方の中で、おそらくこれまでの人生の中で、
 一度たりとも遅刻したことのない人は、ほとんどいないんじゃないでしょうか。

 そうなんです。

 遅刻したことのない人なんて、一人もいないんですよ。


 これは、就活でも同じです。

 遅刻は、誰もがしてしまうことなんです。

 かく言う僕自身も、遅刻してしまうことはありますしね。


 だからと言って、遅刻が肯定されるわけではありません。

 採用担当は、学生の遅刻をどのように考えているのでしょう。


 まず、説明会における遅刻ですが、

 これはもう本当にしょっちゅうです。

 ですので、正直、あんまり気にしていません。

 と言うのも、時期によってきますが、説明会参加者の大体3〜5%くらいは、遅刻してくるからです。

 定員20人の会社説明会をやれば、平均して1人くらい。

 100人規模で説明会をやれば、3,4人は遅刻してくるのです。

 もちろん、遅刻をしないに越したことはありません。

 途中入場は、参加者にとっても会社にとっても迷惑です。

 しかし、説明会における遅刻くらいならば、誠意をもって謝れば、そこまで今後の選考に響くことはありません。


 次に面接における遅刻ですが、こちらは説明会の遅刻に比べて、

 人事の受ける印象は、相当悪くなると考えてください。

 面接は、特定の個人(場合によっては数人)に対して行われます。

 ですので当然、採用担当は、待っているわけです。


 遅刻は、仕方ない時もあります。

 電車の遅れ、目覚ましが壊れていた、なんていうこともあるかもしれません。

 とにかく遅刻しそうな時は、早めに連絡を入れてください。

 面接官は、予定の時間になっても来ない時は、かかってきた電話も出ずに待っています。

 ほんの数分、学生が遅刻したからって、業務に支障が出るわけではありません。

 しかし、印象は悪くなりますし、

 何より、「遅刻時は連絡をする」というのは、社会人としては常識です。

 ほんの1、2分の遅刻でも、必ず連絡を入れるべきです。

 これは説明会でも言えることです。


 遅刻は、仕方ありません。

 わざと遅刻する人なんていないと思います。

 ただ、そういったミスを犯してしまった際の、

 リカバリー、対応の仕方、というのも採用担当は見ています。


 場合によっては、その時の対応が素晴らしければ、採用担当も見直してくれるかもしれません。


 遅刻は、まずしない。

 これが前提ですが、どうしても避けられないときは、

 出来る限り早く電話をして、謝罪をする。

 言い訳ではなく、謝罪をしてください。

 そして、到着後もまず謝罪。


 そうすれば、遅刻によるマイナスは、ほとんど払拭できると思います。


 僕自身も、遅刻してきた学生を採用することはしょっちゅうです。

 そういう学生のほとんどは

 「遅刻をしてしまい、本当に申し訳なかった」という気持ちを全面に出してきた学生です。


 社会人にとって、(特に営業職などですと)遅刻は御法度です。

 それを充分に理解した上で、就職活動に望んでください。

   →コンテンツ一覧へ


posted by 某企業新卒採用担当M at 14:45 | Comment(0) | 就活の裏側コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。