2009年03月29日

2010年度採用の就活状況 〜氷河期だからこそ…〜

 不況です。

 社会人の方は、大半の方が実感されてると思いますし、学生の方も、これだけ連日ニュース報道がされていれば、否が応でも耳に入ってくると思います。

 今、日本(というか世界)は、『100年に一度』と言われるくらい、景気が悪い(らしい)です。

 すると、2010年度の就活。

 つまり、2010年3月まで行われる、就職・採用活動のことですが、

 2010年度採用の、就職活動はどうなっていくでしょうか。

 そもそも就職活動とは、言うまでもなく、学生(または転職者)の視点の言葉であって、企業にとっては『採用活動』なわけです。

 そして、企業にとって従業員・社員を増やすという行為は、その企業が成長しているからこそ、行われる活動です。

 この度の不景気が、いつ終わるのかというのは、僕はアナリストではないので、正直、全く見当もつきません。

 1年で終わる、という人もいれば、5年で終わるというアナリストもいます。

 が、少なくとも、今年の就職活動・採用活動は、間違いなく相当に冷え込むと思われます。

 僕の勤めている会社は、比較的取引先の多い会社なのですが、すると「〜〜社(超大手)は、今年は新卒採用ゼロ」なんていう話をよく聞きます。

 リクナビに掲載はしたものの、「今年の採用は未定〜〜」のまま、募集を始めない企業もたくさん出てくることだろうと思います。

 では、就活中の学生は、どうしていったらいいのでしょうか。

 採用活動をする企業としては、こういう状態は、少しだけ嬉しいものです。

 先日、僕の会社は、リクルート社の某求人媒体で、中途社員の募集をしました。

 たった1名の募集でした。

 すると、なんと300人以上の方から応募がありました。

 単純計算で、倍率300倍の超難関企業になったわけです。

 これまでも、僕の会社では中途社員の募集をすることは多々あったのですが、正直ここまで応募者が集まったのは、初めてでした。
 やはり、母数が大きくなれば、その中には、優秀な方も多くいらっしゃいますしね。

 これは中途転職者のケースなので、新卒とはもちろん状況が違ってくるとは思いますが、

 やはり求人を行う企業が少なくなってくれば、当然、倍率は上がってきます。

 ですので、就活中の学生が行うべきは、とにかく多くの企業を受ける、ということに尽きると思います。

 当然、例年の学生よりも、就職活動に割くべき時間は増えると思います。

 それでも、最終的に内定を手にするためには、それこそ秋採用まで視野に入れて、諦めずに就職活動を続けるしかないと思います。

 今年、これだけ就職活動の状況が厳しいと、必ず出てくるのが「就活浪人」です。

 もちろん就活浪人なんて、毎年何人も出ているんですが、その中でも、「今年は時代が悪いから、就活浪人でいいや」と思ってしまう学生が、例年よりも間違いなく多く出てくると思います。

 根性論を語るつもりはありませんが、「就活浪人でいいや」というのは、言うまでもなく、負け組の思考です。

 就活には「〜〜が正しい」というのがなく、「本当に自分にあった仕事が見つからなかった」とか「やりたい仕事は、もっと別にある」などという形で、すごく自分に言い訳がしやすいものだと思います。

 実際に、転職していく人にその理由を聞くと、実にもっともらしい、格好だけはいい理由がかえってきます。
「私は、もっと人と接する仕事の方が向いていると思う。」
「私は、法学部出身で、もともと法律関係の仕事がしたかった。」
「本当に大好きで、一生続けられる仕事を探しにいきたい。」


 それらの全てを否定するつもりもありませんが、正直、「本当かな」と思ってしまうような理由ばかりです。

 就活において、どんな企業に就職したとしても、勝ち組も負け組もないと思います。

 ただ、諦めたら間違いなく負け組だと思います。

 今年の就職活動は、とても大変です。

 逆に言えば、これだけ不況の時期に、新卒採用を行うというのは、それだけ、「不況にも負けない、優良企業」だと言うことも出来ます。

 惰性だけで、新卒採用を行っている企業ではなく、不況だからこそ、成長性を、見出している企業というのも、たくさん存在します。

 最後の最後まで、そういった企業を探し続けてほしいと思います。

   →コンテンツ一覧へ


posted by 某企業新卒採用担当M at 14:08 | Comment(0) | 就活の裏側コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。