2009年06月28日

良い会社選びとは(上)〜転職のハナシ〜

 皆さんは、就活をされる時に、どんな基準で企業を選んでいるでしょうか。

 ・自分の興味のある業界を選んでいる
 ・営業をやりたいから、色々な業界の営業職を選んでいる。
 ・共感できる企業理念を持つ企業を選んでいる
 ・大手志向だから、大手ならどこでもいい。
 ・給与の高い企業から面接を受けにいっている。
 ・とりあえず選択肢を増やすために片っ端から内定を集めていく


 色々な基準があると思います。
 
 ただ、色々な企業を見る基準がある中で、僕が絶対的におススメする基準があります。

 それは、

 「働き続けられる企業」

 を選ぶことです。


 最近は、転職を繰り返して、

 色々な業界を経験しながらキャリアアップしていく、

 という働き方が、「カッコいい」と思われています。


 実際、僕自身も、そういう働き方、転職の仕方は素晴らしいと思います。

 願わくば、どんどんキャリアアップしていきたいものです。


 しかし、最近の方は、それを根本的に勘違いしている人が多いように感じます。


 どういうことかと言うと、

 転職をするだけで、上に昇っていけると思っている人が多いのです。

 意識の低い人が「なんとなく」転職をする場合、大概それは

 「ただ、会社が変わっただけ」のことが多いのです。

 その人にとっての、次のキャリアの仕事ではないのです。

 つまり「同じレベルの仕事を別の会社で行っているだけ」なのです。


 「今、働いている会社が嫌だから」転職するというのは、キャリアアップではありません。

 「次働く予定の会社が、自分にとって魅力的だから」転職するというのが、キャリアアップなのです。


 転職の話から、新卒の就活に話を戻します。


 では、何故就活中の皆さんにとって、「働き続けられる会社」を選ぶことが、就活生にとって、本当に良い「会社選び」になるのか。

 少し長くなりそうなので、次回、転職市場の悲惨な様相を交えつつ、より詳しい説明をしたいと思います。

   →コンテンツ一覧へ


posted by 某企業新卒採用担当M at 19:41 | Comment(0) | 本当に学生がするべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。