2009年02月01日

G就活の履歴書なんて、いらない!

 履歴書は、思っているほど、見られません。読まれません。


 採用の際は、筆記試験・適性検査・面接など、様々な形で判断されます。

 その中で履歴書は、学生さんが一番自由に書けるものです。
 その分、鵜呑みに出来ない、と思われるものでもあるのです。


 僕は、履歴書なんか無くてもいい、と思っています。


 それでも、履歴書が必要ない就職活動は、絶対にありえませんので、書くならば、他の応募者、他の学生では書けない様な
 採用担当が「おおっ」と思うようなものを持ってきてください。

   →コンテンツ一覧へ


posted by 某企業新卒採用担当M at 14:11 | Comment(0) | 採用担当に注目させる履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F就活の履歴書における「志望動機」

 志望動機は、大体の履歴書に書く欄があります。

 そして、面接でも志望動機が聞かれます。


 私は就活をしていた頃「履歴書に書いてあるじゃん。」と内心突っ込みながら、答えていました。
 きっと、これを読んでいる学生さんたちの中にも、同じ気持ちを持っている人が……いる…かな?


 まぁ、とにかく毎回決まった質問をする、考えの薄い面接官はよく居ることなので、仕方ありません。


 何が言いたいかと言うと、
 志望動機は、そこまで気合を入れて書き込まなくてもいいんじゃないかな
 と思う、ということです。

 なにせ、面接でも聞かれるわけですし。


 長所・短所の項でも言えることですが、とにかくこの『志望動機』ともなると、
 やたら気合を入れて書いてくる学生さんが多いです。

 普通なら、2,3行がせいぜいだろ、というような欄に、びっしり細かい字で5行も6行も書いてくる学生さんがいます。

 これは、特に就職意識の高い、ある意味やる気のある学生さんに多いです。

 悪いことだとは言いませんが、はっきり言って、そこまで見ていません。

 一応読みはしますが、僕の印象から言えば
 スッキリと2,3行で、一番アピールしたいポイントを書いてくれる方がいいです。


 何度も言うように、面接での印象の方が何倍も重要です。
 履歴書は、あくまでも、一次面接での「第0印象」に過ぎません。

 二次以降になると、一次面接担当の報告書や、筆記試験・適性検査の結果は詳しく読むけれど、履歴書はほとんど目を通さないケースがよくあります。

 それだけ、学生の履歴書は「信頼性が薄いもの」と認識されてしまっているのです。

 それならば、アピールポイントだけスッキリと書いて、一通り目を通しただけで、一番言いたいことだけでも、採用担当者の頭に残るような、書き方の方が良いと思います。


     NEXT→G就活の履歴書なんて、いらない!
posted by 某企業新卒採用担当M at 14:07 | Comment(0) | 採用担当に注目させる履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

E就活の履歴書における「長所・短所」

 れは、履歴書によっては表記する必要がないかもしれませんね。


 ただ、ここからは、合否において直接関わってくる可能性のある(あくまで履歴書の中では、)重要な部分です。


 履歴書の長所・短所を書く際に重要なのは、面接の時の印象と合致すること・そして面接では伝えきれない自分を書くことじゃないかと思います。


 何度も言うように、履歴書はそこまで重要視しません。

 ただ、それでも一通り目を通します。

 そして面接の際も、履歴書を脇に置きながら(僕の場合は)面接をします。


 例えば履歴書に「私は、コミュニケーション能力が高いところが長所です。友人にもよく社交的だと言われます。」
 と書いてあるのに、実際に面接してみると、口数が少なく、話し方もオドオドしているし、自分から話しかけてこようという気がないという学生は、非常に多いです。

 もちろん、緊張しているのかな、とは思いますが、履歴書で大きくそれを主張したのなら、面接でもその部分を強調してほしいと思います。


 学生さんの中には、「履歴書に書いたことは、100%真実として、採用担当者に伝わっているはずだ」と思っている方が居ます。


 全然そんなことはありません。


 全く信じていないとは言いませんが、正直悪いことを書いてくる学生は居ないわけですから、「僕は粘り強いです。」と書いてあったとしても、「うん、この子は間違いなく粘り強い性格なんだろうな」とまでは思いません。
 <
strong>「ホントかな」と思います。


 以前に履歴書に「僕は曖昧なところが嫌いなサッパリした性格で〜〜」
 と書いてきた男子学生がいました。

 その学生と面接をしていて「最近の(弊社の業界に関する)ニュースで、印象に残ったニュースは何ですか。」と質問しました。
 すると彼は、「〜〜業界(弊社の業界)に興味はありますが、まだよく知らないので、分かりません。」と、即答しました。

 大体こういう質問をすると、たっぷり十秒近く考えた後、当時、新聞にデカデカと報じられた大手企業の合併の話しを捻り出したり、ちょっと業界研究をしている学生は、法改正のニュースを出してきたりするのですが、ここまではっきりと「知らない」と言われたのは初めてでした。

 「よく知らない」場合、たっぷり時間をとって考えた後、全然関係ない業界の話しをするか、日本の景気の話しをするか、その程度です。


 ここでポイントなのは、彼の回答が、いいか悪いかは別にして、「『彼』と『履歴書の彼』が合致している」という点です。
 彼の履歴書の性格を、彼は見事に面接で表現したのです。
 すると自然と、「この履歴書の内容は、ほとんど信じられそうだな」と思ってしまいます。
(ちなみに、この学生は印象も良かったので、上(次の役員面接)に通しました。)


 また、そうして『履歴書が真実』だと思ってもらえれば、面接では表現できなかった、その他のアピールポイントも、そのまま信じてもらえる可能性が出てきます。

 アガリ症で話し下手で引っ込み思案な人が、無理に履歴書に「私は非常に社交的で、どんな時でも緊張もしないですし、コミュニケーション能力には自信があります。」と書いても逆効果です。

 それなら、正直に「話し下手ですが…」と前置きして、長所をアピールした方が、間違いなく印象は良くなります。


 採用担当の立場から「ウソは困る。」と言っている訳ではありません。
 学生さんの立場からしても、「ばれた時、印象が悪くなる」と言っているのです。

(履歴書や面接でのウソについては、詳しく別項で述べます。)


 これから、履歴書を書こうと思っている人は、企業が「コミュニケーション能力のある人を求めます」と言っているから、そう書くのではなく、正直に自分の長所を述べた方がいい場合が多いのではないかと思います。

     NEXT→F就活の履歴書における「志望動機」
posted by 某企業新卒採用担当M at 14:01 | Comment(0) | 採用担当に注目させる履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

D就活の履歴書における「趣味・特技」

 採用担当を長年やっていながら本当に不思議なんですが、履歴書には何故か、必ずと言っていいほど、この「趣味・特技」という欄があります。

 きっと僕が、まだまだ若造で採用担当として極めて未熟であるという証拠かもしれませんが、この「趣味・特技」、何で存在しているのか全然分かりません。


 ………というのはウソです。


 「趣味・特技」。
 これは、「極めて簡易な性格分析」として捉えています。


 僕は見ます。

 応募者の普段の私生活や性格・嗜好を何となく捉えるために、役に立つと思います。

 趣味:読書、ならば、「何となく、おとなしいけど思慮深そうだな」とか、趣味:サーフィン、とあれば「快活そうで、サッパリした性格なのかな」とか思います。

 でも、そのくらいです。


 しかも、この極めて簡易な性格分析、あまりにも簡易すぎて、かなりの確率で外れます。
 僕の印象だと5割くらいの確率で外れます。

 言ってしまえば、ほとんどあてになりません。


 読書が趣味なのに、豪快な性格でとても活発な人もいるし、特技:茶道なのに、何故か礼儀知らずな人も居ます。

 なので、おそらく採用担当者の中には、ほとんどこの「趣味・特技」気にしない人もいると思います。


 敢えて学生さんたちにアドバイスをするとすれば、「これ何だ?」と目立つくらいの趣味にして、それで面接の時に興味を持ってもらえる、あるいは面接のネタにはならなくても、覚えてもらえる、くらいのために利用するのが良いでしょう。

 「趣味:読書・インターネット」と書いてある履歴書を、僕は何百枚も見ました。

 特段悪い印象は抱きませんが、意味もありません。
 いや、むしろちょっと印象悪いです。

 どうせ書くなら「趣味:アニメ鑑賞」とか「特技:コーヒーのテイスティング」とか「特技:ビールの一気飲み、ピッチャーでも10秒あれば飲み干せます。」くらいのことを書いてみてもいいんじゃないかと思います。


 「趣味・特技」は、自分の私生活について、ある意味仕事とは関係ない部分を書くところです。


 堅すぎる履歴書の中で、採用担当者達が見たことも無いような、他の応募者では絶対に真似できないことを書くのも「趣味・特技」の欄ならでは、です。


 ※もちろん、「趣味:AV鑑賞」や「特技:ナンパ」などは、さすがに論外です。女性が読むかもしれませんし、年輩が読むかもしれません。 どんな人が読んでも、「ハハ、何だこりゃ」と思ってくれるようなものを書いてみれば、面白いんじゃないかと思います。


 何度も言いますが、実際に合否が決まるのは面接での受け答え、印象です。

 あくまでも「第0印象」として、印象良く受け取ってもらえるものを書いてみましょう。

     NEXT→E就活の履歴書における「長所・短所」
posted by 某企業新卒採用担当M at 13:42 | Comment(0) | 採用担当に注目させる履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C就活の履歴書における「資格」

 皆さん、資格は持っていますか。


 私は持っています。

 初級システムアドミニストレータ、FP2級、簿記2級、ビジネス著作権検定上級、MOS(Excel)、剣道初段、柔道初段、普通自動車免許……

 ほとんどは学生時代に取得したもので、就活の時には、わざわざ資格欄を自筆で増やして、全て書いたりしていました。

 はっきり言いましょう。


 ほとんど意味はありません。


 採用担当者は、履歴書は一通り見るので、もちろん資格欄にも目を通します。

 しかし、学生の履歴書に資格欄に書かれる資格というのは、正直大したものではないことが多いです。


 たとえば、上記の僕が持っている資格。

 所有・取得している人なら分かるかもしれませんが、はっきり言ってちょっと勉強すれば、誰でも取れるものばかりです。


 よく面接で「私は、興味のあることにはとことん取り組む正確です。その証拠に、会計に興味を持ち、独学で簿記2級を取得しました。」と自信満々に言ってくる学生が居ます。

 正直言って「はいはい、勉強すれば、誰でも取れるだろ、こんなもん。」くらいの気持ちにしかなりません。

 それはIT企業を受けた際に「僕は基本情報処理技術者の資格を取得しました。」と言ったとしても同じです。

 「まあ、多少は研修の時に飲み込みが早いかもね」と思ってくれる程度だと思います。


 そもそも、企業は新卒に、即戦力になってくれることなど期待していません。
 IT企業がSEの即戦力が欲しい、と思ったら、間違いなく中途採用を行います。

 僕はこれまで、何百人も新卒を採用してきましたが、入社してすぐに即戦力として活躍してくれた人など、
 ほとんどいません。
 稀にそういう人が居たとしても、彼らも一年たてば、同期に入社した人とあんまり変わらなかったりします。


 資格は、「ないよりはマシ」程度のものだと思っていて、間違いありません。


 ただ、本当に稀に「司法試験合格」とか「公認会計士試験合格」とか、とんでもない資格を持って面接にくる人もいます。

 それはさすがに面接の時のネタにもなりますし、ちょっと一目置いてしまうかもしれません。
 しかし、そういう「持っているだけで、世間から『先生』と呼ばれてしまうほどの超難関資格」でもない限り、やはり資格の重要性はそれほどではありません。


 面接の時に、サラッと触れるくらいなら印象も良いですが、
 「僕の一番の武器は、初級システムアドミニストレータです」
 とか言ってしまうと、間違いなく「こいつ、大したことないな」と思われてしまいます。


 逆に、資格の無い人も、そこまで気を張らずに居てください、ということです。

     NEXT→D就活の履歴書における「趣味・特技」
posted by 某企業新卒採用担当M at 13:33 | Comment(0) | 採用担当に注目させる履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

B就活の履歴書における「学歴」

 さんの学歴はどうですか。

 どんな人でも名前は聞いたことのある一流大学の方もいれば、入学試験で毎年定員割れしているような地方の短大出身の方もいらっしゃると思います。

 採用担当者は、学歴を気にしているでしょうか。

 これも結論から言います。


 学歴は見ています。


 よく企業の説明会や、リクナビの企業ページの『求める人材』などで、「弊社は、学歴などは一切気にしません。」などとうたっている会社をよく見ますが、
 そんなことはありません

 じっくり見ています。


 しかし、それは一部のことでもあります。

 どういうことかと言うと、(あくまでも僕の場合ですが)、採用担当は学歴を見て、以下の5つくらいに、自動的に脳内で分類します。(僕の場合は…です)


・超一流大(東大・京大・慶応・早稲田)

・一流大学(MARCH以上、各地方国公立大)

・名前は聞いたことのある四大

・聞いたことのない四大

・短大
 

 これに、「自分の出身校」とか「自分と同じ出身地の有名大学」などがプラスされることもあります。


 分類する、といっても何枚もの履歴書を「この山は、一流大、この山は短大・・・」などと分類するわけではありません。
 何となく、面接をする際、または面接をする前に「この子は、〜〜大か。」と思う程度です。


 そして、これらがどう関わってくるかと言うと、
 学歴は面接の前の採用担当の期待感
 に関わってきます。


 例えば、面接前に履歴書を見て「東京大学卒業見込み」とあれば、採用担当は否応ナシに
 「さぞ、優秀な学生が来るに違いない」と期待します。

 逆に「〜〜短期大学卒業見込み」とあったら、
 「大丈夫かな、ちゃんと質問にこたえられるかな」と思ってしまうかもしれません。



 つまり学歴とは、面接よりも前の「第0印象」と言えるかもしれません。
 (まあ、履歴書全てが「第0印象」ですが、特に学歴は明確に分かりやすいという点で。)


 ただ、実際に面接をしてみて「東大なのに、あんまり〜〜」と思うことや「短大なのに、すごいしっかりしていて〜〜」と思うことはしょっちゅうです。

 すると現実としては、「学歴は関係ありません」となるわけです。


 しかし、何千人と面接をして、何千回と期待を裏切られて、それでもなお、学歴を脳内で勝手に分類してしまうのは、やはり割合的に高学歴の学生の方が、しっかりした人が多いような気がします。

 高学歴というのは
 「4、5年前に大学入試という局面で、それなりの努力をした」という証
 です。
 都市伝説のような裏口入学を除けば、「東大生は、過去に相当の努力をしたことのある人間」だということだと思います。
 だから、期待もしますし、実際にしっかりした人が多いんです。


 ただ、あくまでも学歴は一次面接のほんの小さな期待感に過ぎません


 以前に面接の時、学生が「私は日大なので、大手企業には片っ端から落とされてしまうんです。」という女の子が来ました。

 そんなことは、絶対にありません。
 (っていうか、そもそも日大は、そんなに悪い印象ないですよ。僕は…)



 実際に面接でしっかりとした受け答えをすれば、学歴なんて気にも留めなくなります。
 むしろ、そのギャップがより好印象につながることもたくさんあるでしょう。
 (私は、短大の女の子が、しっかりとした受け答えをしてくれると、その他の学生より年齢が若い分、社会人になった後の期待感が増してしまいます。)


 一部の小さい会社で、「人事権は全て社長」というような会社なら、自分の出身校以上の学歴しか採らない、などという会社もあるかもしれません
 が、そんな会社はまとも成長できる会社とは思えませんので、間違って採用されなくて良かったと思うべきでしょう


 採用担当者は、学歴を見ています。

 しかし、それを理由に合否は決まりません。

 それよりも、
 面接の際のしっかりとした受け答えの方が、ずっと重要なのは、間違いないです。


     NEXT→C就活の履歴書における「資格」
posted by 某企業新卒採用担当M at 09:27 | Comment(0) | 採用担当に注目させる履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A就活の履歴書における「写真」

「写真なんて同じでしょ。そもそも俺そんなにかっこよくない(美人じゃない)し…」


 と思う方もいらっしゃるかもしれません。


 全然そんなことありません。


 そもそも写真は、何人かを面接をした後、「どうしよっかな〜」と考えて、履歴書を並べる時、唯一残るイメージです。


 極端な話し、写真が、メチャメチャ美人で可愛い女の子だったら、「もう一回会ってみよう」と思うかもしれません。
 それが、照明の暗い写真で生意気そうな表情で、かつ不精ヒゲの伸びた男だったら「もういいや」となってしまうかもしれません。


 これは、僕が女性好き(笑)だから、起こる話しではなく、
 採用の現場で
 極めて日常的に行われている現実です。


 もちろん企業の面接官に「やっぱり顔で選ぶんですか?」と聞いても、
 100%「そんなことは絶対ありません」と答えるでしょうし、私自身も、そんなことがあってはならない、と思っています。


 しかし、上記のような二枚の履歴書があって、面接の印象がほとんど同じだったら、おそらく写真の可愛い女の子の方が、選ばれる確率は高いと思います。


 企業は、そして採用担当者は、これから一緒に働く人を選んでいます。

 私は採用担当になり、合否の決定権を与えられた時に、上司から
 「一緒に働きたいと思える人を選べ。」

 と言われました。

 各企業の採用基準は、本当に千差万別ですが、
 唯一絶対の採用基準
 があるとしたら、それは
 「こいつと一緒に働きたい」と思えるかどうか
 だと思います。


 きっとそれは「企業理念に同調しているか」などよりも、採用の現場でずっと重要なポイントになり得ると思います。


 そんなわけで、写真は履歴書において、一番重要なポイントになり得るんです。


 では、どんな写真が良いでしょうか。

 例えば、某大学の履歴書は、写真を貼る欄が通常の履歴書より一回り大きいです。

 それだけで、採用担当である私は、履歴書を見比べた際、印象に残ってしまいます。

 「いい表情で、印象に残る」ことが、履歴書の写真のミッションであるとしたら、それも一つの作戦だと思います。


 よく、スピード写真で撮った写真を履歴書に貼ってくる人がいます。

 全く問題ないのですが、やはり写真屋で撮った写真に比べて、若干見劣りしてしまいます。
 何千枚も履歴書を見ていると、パッと見で「あ、スピード写真だな」とか「これは写真屋だろうな、キレイに撮れてるな」とか分かります。

 そして場合によっては、写真屋のほうが「彼はうちの選考に対して、真面目に考えてるのかな」などと思うかもしれません。


 私自身は、学生で就職活動をしている際は、スピード写真を使っていました。
 そして、某有名一部上場企業に内定を貰えたりもしていたので、スピード写真が悪いわけではありません。
 ほとんど気にしない企業もたくさんあると思います。

 しかし、その後の面接などを抜きにして、「履歴書」を武器にするならば、写真は手を抜かない方がいいと思います。

 「私はブサイクだから」などと思っても始まりません。
 写真屋で、ちょっと斜に構えて撮影するだけで、
 採用担当を「オッ」と思わせることは充分に出来るんじゃないかと思います。


※ただ、印象が重要だとは言っても、非常識なものは論外です。
「プリクラを貼る」「(女性なら)胸元の大きく開いた服で撮影する」「ネックレス、ペンダントをつける」「(男性なら)何故かノーネクタイ」

(さすがに、「プリクラ」は見たことがありませんが、その他は実際に見たことがあります。)

 あくまでも、常識の範囲内で、ちょっとだけ印象に残る、というのを心がけてみてください。

     NEXT→B就活の履歴書における「学歴」
posted by 某企業新卒採用担当M at 08:51 | Comment(0) | 採用担当に注目させる履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@履歴書の現実

 は、人事部の採用担当として、これまで何千枚もの履歴書を見てきました。

 就職活動中の学生さんは、履歴書を書く時、どんなところを注意して書いているでしょうか。

 氏名・学歴・資格・特技・趣味・長所・短所・志望動機・自己アピール・学生時代に力を入れたことetc・・・

 履歴書によって、項目は本当に様々です。

 では、人事担当、採用担当者は、実際にはどこを見ているのでしょうか。

 結論から言います。


 履歴書は、あんまり見ていません。


 はっきり言って、履歴書なんて、いくらでも誤魔化して書くことが出来ます。

 もしかしたら、ウソも混じっているかもしれません。

 優秀な友達が代筆したかもしれません。

 いくらでも書きようがあるんです。


 だから、履歴書の志望動機や、自己アピールが選考の決め手になるなんていうことは、滅多にありません。


 どんなに素晴らしい志望動機が書いてあっても、
「ふ〜ん、うちの会社のホームページ、よく見てるな〜

 程度なものです。

 では、どうしたらいいでしょう。


 履歴書は、あまり重要視はしません。

 しかし、全く見ないかと言えばそんなことはありません。むしろ、どんな履歴書でも、一通りは目を通します。

 そこで、履歴書を読んだ採用担当者が、思わず目を止めてしまう項目を作りましょう。


 各項目ごとに見て行きましょう。

     NEXT→A就活の履歴書における「写真」
posted by 某企業新卒採用担当M at 08:43 | Comment(0) | 採用担当に注目させる履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする