2009年04月11日

春の就活生〜就活本格化!乗り遅れるな!〜

 4月。

 年度が明けると、2010年度採用の就職活動も、本格化してきます。

 まず、企業としても、3月までに説明会などを開いていた企業は、面接の予定などがドンドン入ってくるようになります。

 学生としても、新学期開始で、決してヒマではない中で、面接や説明会の予約を入れていかないといけないので、やはり忙しくなってきます。

 また、企業の中には、4月から説明会を始める企業もあります。

 その理由の一つとして、4月になると、リクナビの掲載料が安くなる、というのがあります。

 リクナビの掲載は、前年度の10月、つまり2008年10月〜2010年3月までの18ヶ月間掲載するというのが、一般的です。

 ところが4月から掲載を開始しようとすると、合計の掲載期間が短くなるので、リクルートの代理店の方で割引が行われるのです。

 そのため、企業の中には「リクナビに掲載するのは4月から。」とする企業がたくさんあります。

 実際にリクナビの掲載企業も4月になると、グッと多くなってくるのです。


 そんな事情もあって、4月に入ると、企業も学生も、にわかに就職活動に本腰を入れ始めます。

 さて、そんな中、4月になったら学生はどうしていけばよいでしょうか。

 答えは簡単です。

 見も蓋もない言い方にはなりますが、

 リクナビを含む就活サイトを見まくって、説明会のエントリーをしまくっていきましょう。

 一部の大手や、コンサル業界、外資系企業を除けば、3月まででエントリーや説明会を、全て終了させてしまうという会社は、そこまで多くありません。

 正直、今の時期ならば、「まだ、就職活動に関して、何もやっていない」という大学生でも、まだまだ間に合います。

 今の時期からでもいいので、動いていきましょう。

 4月は、授業などの始まりもあって、忙しいとは思いますし、休み明けなのでボーッとしてしまう気持ちも分かりますが、

 せめて、週1〜2のペースでは、説明会か面接に参加していって下さい。

 5月、6月から、やっていこうとなると、間違いなく出遅れます。

 就職活動の成功の秘訣は、僕は「企業の選り好みをしない」ということだと思います。

 「私は、この業界のこういう会社しか受けない」というスタンスだと、結果的に受ける企業が少なくなり、それらの企業に落とされた時、身動きが出来なくなります。

 説明会というのは、参加するだけで、その業界の様々なことを教えてくれますし、

 これまで興味の無かった業界に、興味を持つきっかけになります。

 ある一つの業界の大手のみに絞って、選考を受けていた結果、6月辺りで全て落とされて、止む無く秋採用に賭ける。
 しかも秋採用の頃になって、ようやく周囲の業界にも目を通し始める。
 という学生は、本当にたくさん居ます。


 典型的な、秋採用の説明会に顔を出してくる人の「言い訳」です。

 秋採用でも、優良企業は、たくさんありますが、本来ならば是非、春の段階で内定を決めて、楽しい夏休みを送って欲しいものです。

 2010年度採用は、かなり就職活動が厳しくなります。

 採用枠もかなり減ることは間違いないと思います。

 超優秀な学生さんで、受ければ片っ端から内定を貰える、という方なら全く問題ありませんが、

 2010年度の採用状況を見るに、一般の学生さんであれば、10〜20程度では、もしかしたら少ないかも知れません。

 とにかく最初は、「選り好みせずに、たくさんの企業の説明会に参加してみる」ということが、間違いなく重要です。

 忙しいのは、ライバルの学生も同じです。

 就活は、4月からが本番です。

 いい、スタートダッシュを決めてください。

   →コンテンツ一覧へ


posted by 某企業新卒採用担当M at 12:16 | Comment(0) | 時期別就活戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする